excitemusic

気の向くままに
by sacromonster
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> chobichobi..
by sacromonster at 09:30
おはようございます。 ..
by chobichobi729 at 05:55
コメントを有難うございま..
by sacromonster at 19:16
こんにちは。 先日は有..
by chobichobi729 at 14:07
saitamanikki..
by sacromonster at 13:35
こんにちは。 前庭の広..
by saitamanikki2008 at 11:09
salam2002さま ..
by sacromonster at 09:30
こんばんは。 見た目に..
by salam2002 at 23:11
idokichiさま ..
by sacromonster at 22:51
親孝行のお子さんたちです..
by idokichi at 21:11
exblog以外のブログ
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
bookofra free
from bookofra free
book of ra s..
from book of ra spi..
dragon city ..
from dragon city ch..
白糸の滝
from 続々定年マジかのおやじ日記
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:コンサート( 22 )

楽友協会ホールで。





a0108356_19275843.jpg
a0108356_19284227.jpg
a0108356_11253785.jpg
a0108356_19271149.jpg


娘から貰った写真です。


娘がツアーに参加してウイーンに行って来ました。

幸運にもチケットを入手出来て、本場の音楽を

最高のホールで楽しんできました。

曲目は
ベートーベンの第九、

指揮者はニューイヤーコンサートでも
ウイーンフィルを指揮なさった

ガスターボ・ドウメル(Gustavo Dudamel)

オーケストラはSimon Bolival オーケストラだったそうです。


楽友協会ホールは、日本でもニューイヤー・コンサートで

お馴染みですね。

NHK新年の楽しみの一つですものね。


◎お詫び

何故か??パソコンの調子が悪く
写真や記事がUP出来ずに
焦っていましたが
その後同じ記事が二回も出ていることに気が付きました。
まだまだ
パソコンの初心者、、一つの記事を削除してみます。



◎もう一つ言い訳です。

私のブログは話のタネに乏しく細々と、息も絶えだえ
続いています。娘や孫娘たちが
それを見ていて、ハラハラしているらしく
時々後方援助に写真を送ってくれます。
有り難い家族に感謝!







by sacromonster | 2017-05-19 09:19 | コンサート | Comments(4)

家族そろって音楽を楽しむ。










12月18日(日)

昨日は、一年半に一度開かれる「小さなコンサート」に行って来ました。

曾孫の一人が出演するだけではなく、毎回演奏なさる若い人たちの

たゆまぬ努力の結果を見せて戴く貴重なひと時だからです。

今回も皆さんが楽しみながらそれぞれの力量を発揮し

私共聴衆を楽しませてくださいました。

a0108356_13154164.jpg

連弾の部では、

父子、兄妹、孫と祖母、の組み合わせもあり

微笑ましく、場を和ませ、音楽だけでなく、目の保養にもなりました。

トリオの部では、

ヴァイオリン、チェロ、ピアノの合奏で、ほかの楽器との

アンサンブルを楽しむ経験をしたわけです。

ドレス姿の幼い淑女、ネクタイを付けた幼い紳士、

皆可愛くて目の保養も充分にさせて頂きました。

a0108356_13354980.jpg



沢山の曲目の中で、

今回、私はラフマニノフのプレリュード・32-2と鐘に

感激し、、すっかり痺れてしまいました。

男の子の演奏は、力強くて素晴しい。

ピアノという楽器は、男性の為に作られたものである、

という説もありますが・・・・・・。真偽のほどは判りません。

今までは、ラフマニノフは難しすぎて分かりにくかったのですが

少し近づけたような気がしています。

会場は横浜市の文化センター、音楽ホールで

103人用のこじんまりしたホール、音響効果も抜群でした。

by sacromonster | 2016-12-19 13:16 | コンサート | Comments(10)

11月も今日で終わり。












11月も今日で終わり、明日からは12月が始まります。。

信じられない速さで一年が終わろうとしています。

11月で忘れられない事を少しUPしておきます。



滋賀県大津市に住む旧友キミコさんからカミショウ:上庄の里芋:が

今年も又、届きました。   嬉しくなってさっそくTELし、おしゃべりしました。

彼女は昭和4年生まれ(1歳下です。)、、、、



長く長~~く続いた交流・・・・・運命の赤い糸で

結ばれていたとしか考えられない長い交際。

こういう友人がある事実。。。本当に幸せです。

ご近所さんであったD家、とN家、、不思議なご縁で付き過ぎず

離れすぎず……約80年が過ぎました。


友情の証拠の里芋!!!≪福井県上庄の里芋≫です。↓
a0108356_14315097.jpg


a0108356_14321051.jpg
a0108356_14363011.jpg
a0108356_14364820.jpg
a0108356_1437141.jpg


桜木町近くで、ファミリー・コンサートを娘と孫達で開いてくれました。

プライベイト。コンサートですが、良い音楽を、歌を聴くことが出来

人生で最高の日であったような感激、、夢ではなかったのでしょうね。


曲目は、

カロミオベン・カタリカタリ・魔王・鱒・プロバンスの海と陸・魔笛・など。

11月最後の日の記録です。


by sacromonster | 2016-11-30 14:37 | コンサート | Comments(9)

上郷・森の家









昨日、6月18日(土)は、

今年の最高気温、34度~35°の暑さ。

此の先の猛暑を想像すると憂鬱でしたが

昨日に限って言えば、

青空が広がり、、ドライブには持って来いの一日でした。

a0108356_17471035.jpg

a0108356_17483519.jpg

a0108356_1143131.jpg


a0108356_1749680.jpg

a0108356_17495212.jpg

a0108356_17501819.jpg

14時から、フラウエンコーアのミニコンサートが始まりました。
149名の座席はほとんど満席です。

石川啄木の歌詞で「初恋」:越谷達之助作曲:をメゾソプラノの方が

独唱されたのは、見事でした。

曲も何とも言えない情感がこもっていて

正に日本の名曲です。

最後に全員で歌った「乾杯の歌」:ヴェルディ作曲:も

5人の才能を充分に発揮していました。

a0108356_1751489.jpg



a0108356_17523898.jpg

1Fの和食堂は、森の食堂・・・・「おおるり亭}お値段もお安くて1,800円でした。

お刺身定食は新鮮でなかなか良かったですよ。

写真はないのですが、デザートとして、西瓜が出ました。



聴衆の中には、宿泊、温泉、コンサートと

「森の家」で保養をしておられる方もあったのかもしれません。

私達は、初めてこの「森の家」を訪れ

横浜市内にも豊かな緑が未だ残っていたことに驚きました。
a0108356_18283992.jpg

a0108356_183163.jpg

a0108356_17564183.jpg


エントランス。
a0108356_1823279.jpg

by sacromonster | 2016-06-19 17:56 | コンサート | Comments(14)

芸術の秋に。







秋はコンサートが、各地で開かれています。

其のうちの一つ{海の見えるホール}で


行われた藤村俊介氏のチェロのコンサートをUPいたします。

11月1日(日)に大磯駅南側一分のところにある

聖ステパノ学園、

海の見える美しいホール

は、遠くに海が見え、手前には木々の緑が輝き

音楽会のムードを更に高め、聴衆の心を癒してくれます。

足腰が丈夫だったら、私もこの席のどこかに座っていたに違いありません。

a0108356_15285538.jpg

皆様もご存じの事と思いますが
海の見えるホールは
戦後、岩崎財閥のご令嬢:澤田美喜さんが
戦争によって両親を亡くした孤児を引き取り、教育した
≪エリザベス・サンダースホーム≫現在:聖ステパノ学園の
中にあり
JR東海道線の大磯駅前にあります。

a0108356_16315734.jpg



藤村俊介先生のチェロの音色は、聴衆を陶酔させ

会場は暖かいムードに包まれたそうです。

曲目は

①  J,S,バッハ:   アリア

②  エルガー:    愛の挨拶

③  バッハ・グノー: アヴェ・マリア

④  フォーレ :    夢のあとに

⑤  サンサーンス:  白鳥

⑥黛 敏郎:  無伴奏チェロのための「文楽」

⑦ブルッフ:       コルニ・ドライ

⑧カッチーニ:      アベマリア

⑨ポッパー:    ハンガリー狂詩曲


アンコールは、

カサド・・・・・    親愛なる言葉

ポンセ・・・・・・・  エストレリータ

素晴しい、景色を、バックに豊かな時間を過ごしたと

参加した娘夫婦は嬉しそうに話してくれました。
by sacromonster | 2015-11-11 15:32 | コンサート | Comments(10)

若人たちの音楽会








11月6日(金)横浜山手駅から10分ほどの丘の上で

「Friday、Family Music night」に出席して

軽い夕食を皆さんと共に頂いてきました。
a0108356_0121164.jpg


将来有望な若い人達の豊かな声量,ゆとりあるある歌声に

私達はうっとりしながら聞き入ってきました。
a0108356_0124179.jpg

曲目は

落葉松。ホールニューワールド、It's Time to Say Goodbyeその他でした。
a0108356_0284663.jpg


WK子さん、少しほっそりされ薄いピンクのお洋服がとてもお似合いでした。

近い将来が楽しみですね。以前にもましてお歌がお上手になられました。

男性の方も

芸大音楽学部声楽科首席卒業、数々の賞に輝いて居られるお方で

お二人のソロとデュエットは本当に美しく、うっとり聞きほれてしまいました。

a0108356_031356.jpg

a0108356_056431.jpg


a0108356_0321171.jpg

a0108356_10216.jpg

帰り道、、走っている車の中から横浜の夜景を写しましたがブレブレに。

皆さん眩暈かと?心配なさらないでくださいね。
by sacromonster | 2015-11-10 00:34 | コンサート | Comments(8)

明るい笑顔が魅力的。







私はピアニスト室井摩耶子さんの陰のファンの一人です。

一度もコンサートにも行ったことがなく

お目にかかったこともない陰のファンです。

毎月愛読している「ショパン」と言うタイトルの音楽雑誌に

摩耶子さんの楽しいお話が連載されています。

明るくて賢くて努力家の摩耶子さんには教えられることが沢山あり

人生の先輩として陰ながら尊敬申し上げています。

1921年生まれの彼女は多分今年94歳であられるはずです。

素晴しい人生の先輩の本を買って読んでみました。
a0108356_17352327.jpg


a0108356_17353723.jpg
a0108356_17384480.jpg
a0108356_17385686.jpg
a0108356_17391062.jpg

「人は日々、老化するといいますが、私はそうは思わない」という言葉に

魅了されてしまいました。

「向上心と切り替え上手が長寿の素」と書いてあります。

90歳で家を新築され、毎日4時間はピアノの練習に励まれ
ウオーキングも毎日続けて居られるとか・・・・・・。

お肉がお好きで、週に三回はフィレ肉のステーキを召し上がって
居られると、書いてありました。

現役のピアニストですから、エネルギーが必要なのでしょうね。

健康で長寿をエンジョイされておられる摩耶子さんに陰ながら

拍手を送ります。     一ファンより。
by sacromonster | 2015-10-24 17:43 | コンサート | Comments(13)

チャリティ-コンサート






又もクラシックの音楽会の知らせが届きました。
大磯の「海の見えるホール」で行われるそうです。
11月1日(日)
日時・・・・・・・・13:30分開場・・・・・・・・14時開演

藤村俊介氏
チェロとピアノのコンサート

藤村俊介氏は、NHK交響楽団の首席チェロ奏者、
N響のコンサートでは
中央部でチェロを演奏されておられ、皆様も
お馴染みの方です。

チェロの哀愁を帯びた低音の魅力はたまりませんね。
a0108356_23384451.jpg

芸術の秋!!!魅力的なコンサートのお知らせが次々舞い込みます。

音楽については全く無知なのに、
音楽鑑賞が好きな私は、
どれもこれも行きたい、聴きたい、と誘惑に駆られます。

その後にまたも
樫本大進とコンスタンチン・リフシッツのコンサートの知らせが届きました。
私は、コンスタンチン・リフシッツの大ファン!

雪が降っても、雨が降っても何としてもこれは聴きたいのです。
横浜みなとみらいホール!!!真冬の夜のコンサート!!!
行かれれば良いのですが・・・・・・・。

リフシッツのピアノは、数年前に「横浜みなとみらいホール」で聴いています。
矢張り樫本大進との共演でした。
何の期待もしていなかったし、どのような経歴の人かも
何の知識もなかったのです。
樫本大進氏がベルリンフィルの第一コンサートマスターに
日本人で初の就任されたのでそれを聴くために
横浜みなとみらいホールに行っていました。

リフシッツが飄々とステージに現れ伴奏を始めると驚きました。
音の透明感、軽やかさ、リズムの良さ、理屈抜きに胸を打たれ
彼の演奏するピアノの音にすっかり痺れてしまいました。

帰宅後、彼がどの様な音楽歴なのかを調べてみました。
a0108356_123873.jpg

音楽ジャーナリストの伊熊よし子氏によると・・・・・・

「ヴァイオリンとピアノのデュオ」は両者の音楽性と人間性が

完璧に合わないと良い演奏は生まれないとプログラムに

書かれていました。
by sacromonster | 2015-09-16 23:29 | コンサート | Comments(4)

曲目のご紹介。





小さなコンサートの曲目をご覧になってくださいね。
ソロ。連弾。トリオ。等バラエティに富んだ企画でした。
皆さんよく頑張られましたね。
a0108356_9272674.jpg
a0108356_927456.jpg
a0108356_928072.jpg
a0108356_9281394.jpg

by sacromonster | 2015-07-24 11:20 | コンサート | Comments(4)

曾孫の初ステージ。







7月19日(日)

初曾孫のRはこの日初めてステージに立ちました。

ピアノを習い始めて半年、ピアノは好きだけれど

練習は嫌い!と普段から、申していましたが

どうやら無事に子供用の曲を二曲弾き

お辞儀も落ち着いてゆっくり出来ていました。

ひい婆は座席後方から垣間見てホッと

安堵の胸を撫で下ろしました。

a0108356_724120.jpg


a0108356_7263032.jpg


a0108356_72656100.jpg


a0108356_728632.jpg


a0108356_7355899.jpg


休憩時間に寫す。↓
a0108356_1061646.jpg

by sacromonster | 2015-07-21 07:33 | コンサート | Comments(8)